新型コロナウイルス性肺炎とペットとの関連性、およびヒト蔓延時の定期狂犬病予防接種について

狂犬病予防接種

新型コロナウイルス性肺炎とペットとの関連性

新型コロナウイルス(COVID-19)はヒトとヒトとの間での感染が確認されています。いっぽう、香港漁農自然護理署(AFCD)は犬が「低レベルの感染」をしていると結論し報道されました。
これに対し、香港政府は「現時点でペットが新型ころなウイルスを媒介するというエビデンスはない」と強調しています。さらに動物が感染源になるといった過剰な心配を抱かないように呼びかけています。
また犬や猫では、軽度の消化器症状を起こす犬コロナウイルス、猫伝染性腹膜炎(FIP)を起こす猫コロナウイルス感染症があります。しかし、これらのコロナウイルスは、現在流行している新型コロナウイルスとは明らかに型が異なりますので、ヒトに感染することはありません。なお、詳細は当院ホームペジ(https://yacnet.co.jp/d-search/)にて、「コロナ」と検索してください。
万一、オーナーが新型コロナウイルスに感染した場合、極力ペットとの接触を控えてください。やむを得ず接触する場合には獣医師に相談しマスク、うがい、手洗いなどによる感染防御に心がけてください。ペットに感染させてしまうという心配より、感染してしまったオーナーの咳やクシャミなどによる飛沫をペットの被毛、首輪、リードなどにかたとき、それに触れたヒトに間接的に感染させてしまうと言う危険性もありますので注意しましょう。

4月~6月は狂犬病予防接種の時期です

犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務です。4月から6月は市町村による狂犬病予防接種の時期です。お住まいの地域で新型コロナウイルス感染が拡大している場合の集合注射において、混み合わない集合場所ではヒト-ヒト接触が少なく比較的安全性が高いと思われますが、混み合う地区での集合注射はヒト-ヒト接触が多くなり公衆衛生上良いとは言えず、なるべく避けて、混み合わない地区またはお近くの動物病院で接種することが新型コロナウイルス感染症クラスター発生阻止の一助に成り得ると思われます。
なお、新潟県内(新潟市は除く)の動物病院での接種(個別接種料金)は4,250円(事務手数料込)ほど、新規の仔犬登録料金(一生に一度)は3,000円です。
動物病院での個別接種のメリットは
・時間は動物病院によって違いますが限られていない。
・簡単な体重測定などの健康診断が受けられる(要追加料金)。
・雨、風、直射日光などにさらされることなく衛生的である。
・クレジットカードなどで支払える(病院によります)。
その他、往診での接種も可能(要追加料金)

山田動物クリニックでは院内床、ドアノブなどのアルコールや次亜塩素酸ソーダ消毒はもちろんのこと、病院内全ての部屋のオゾン消毒を行っており、新型コロナウイルスの感染予防を徹底しておこなっております。

関連記事

  1. 安心できる動物病院を見つけるためにやるべき事とは?

  2. 動物病院はどのタイミングで探すのがよいか?

  3. 犬の妊娠から出産までに見られる症状とその原因について

  4. 動物病院で大切なペットのマナーとは?

  5. 犬の椎間板ヘルニアの診断・治療法・手術について

  6. 良い動物病院の見分け方は?

犬猫の病気検索

最近の記事

  1. 狂犬病予防接種

カテゴリー

PAGE TOP