動物病院で大切なペットのマナーとは?

人間の病院で「ケータイの電源を切りましょう」などと一般的なマナーがあるように、動物病院にも皆さんに気持ち良く来院して頂くためのマナーがあります。

自分たちは良くても、周りの飼い主さんや動物に迷惑になっていることもあります。そこで今回は、『一般的な動物病院マナー』と、『その他知っておきたい事』がテーマです。

待合室はキャリーに入れるかリードを付ける

待合室には様々な飼い主さんや動物がいますので、一番気を遣って頂きたい場所です。

たくさんの人や動物に緊張しすぎてしまう子や、興奮してしまうような子は、車の中やお外で待っていてくださいくるま デコメ絵文字お外までお呼びします。

野放しは思わぬ事故の原因となりますし、他の患者さんの迷惑になるので絶対にやめましょう。動物が飼い主さんから離れないようにしてください。キャリーに入れるか、リードを付けましょう。

抱っこをして来院されるのは、ワンちゃんを安心させる意味ではとても良いので、必ずリードをつけて、リードのひもはしっかり持っていてください。

ロングリードの場合は短くして持ちましょう。

猫ちゃんは特に注意を

ネコちゃんはとてもすばしっこいので、抱っこをしたまま連れて来るのは絶対にやめましょう。

カゴに入れて、周囲をタオルなどで目隠ししましょう。滅多にお外に出ない小動物達は、見た事のない環境にとてもストレスを感じることも。出来るだけ、普段と同じ環境を作ってあげましょう。

逃走防止以外にも、ネコちゃんを安心させてあげることができます。

飼い主さんの許可なしに、他のペットに触ってはいけません

病院に来ている子ですから、元気そうに見えても興奮させてはいけなかったり、伝染病にかかっている事もあります。

また、病院では神経質になっている場合が多く、突然攻撃してくるかもしれません。

ウンチ袋とおしっこを流す水を

待ち時間にお散歩をされる時には必ずウンチ袋とオシッコを流す水をお持ち下さい。

待合室でペットが粗相をしてしまったらスタッフへ

緊張をするとどうしても我慢できずに粗相をしてしまう事も…オシッコ・ウンチをしてしまった時は遠慮なくスタッフにお知らせ下さい。消毒が必要な事もあるので、黙認するのはやめましょう。

診察室は、ペットが一番不安な気持ちになる場所です。少しでも不安を和らげてあげましょう。

  • 診察台に乗せたら、飛び降りない様に体を支えてあげて下さい
  • 処置をするときには、体を密着させしっかりと固定してください
  • 不安を与えないように声をかけてあげてください

飼い主さん自身がペットをおさえるのが不安な時は、遠慮せずにスタッフに言いましょう。体をさわられるのが苦手な子はその旨を伝え、万が一に備えてネッカーや口輪をつけましょう

入院中は定期的な面会がペットのストレス解消に

入院中は、見知らぬ場所で注射をされたり検査をされたり…。長期にわたる入院になると、不安やストレスがたまってしまいます。しばらくの時間でもお顔を見にきてあげてください。

但し、飼い主さんが面会に来られた時に興奮してしまう子は、病状によっては面会を控えていただきたい事もあります。獣医師に相談しましょう。

入院中はいつものフードを

食べるのは元気になる第一歩です。病院食を食べない時には、普段食べているフードを持ってきてあげてください。又、飼い主さんの手からでないと口をつけてくれない子もいます。

但し、病状により療法食しか与えられなかったり、絶食をしなければいけない事もあります。獣医師に相談しましょう。

以上、この記事では、動物病院で大切なペットのマナーについてご紹介しました。よければ他の記事も参考にされてください。

関連記事

  1. 狂犬病予防接種

    新型コロナウイルス性肺炎とペットとの関連性、およびヒト蔓延時…

  2. 犬の妊娠から出産までに見られる症状とその原因について

  3. 動物病院はどのタイミングで探すのがよいか?

  4. 良い動物病院の見分け方は?

  5. 安心できる動物病院を見つけるためにやるべき事とは?

  6. 犬の椎間板ヘルニアの診断・治療法・手術について

犬猫の病気検索

最近の記事

  1. 狂犬病予防接種

カテゴリー

PAGE TOP